温泉・温浴施設の繁盛ソリューションパートナー
株式会社トリリオン

お電話でのお問い合わせは03-5434-7741
  • リクルート
  • 提携先募集
  • お問い合わせ

トモナ社長のふろ・ぷろ・ぶろぐblog

日本の温泉・温浴文化を世界に発信したい・・・

皆さん、こんにちは。
株式会社トリリオンの代表取締役 木地本朋奈(きじもとともな)です。28歳のときにトリリオンを創業し、早や24期目であります。私は、温泉と温浴施設が大好きで、どこかの施設にいくとお風呂だけで最低1時間、長い時には2時間以上入浴しています。特に日本の温泉文化、銭湯文化に誇りをもっており、『会社の成功=日本の温泉・温浴文化の世界発信』くらいの偏った考えを周辺に撒き散らしている毎日です。
21世紀は、GDP思考を止めて、平和と人類のヘルスケア、地球温暖化防止を考える『心の時代』であるべきだと、そしてその中核に日本の誇る温泉や温浴文化があれば素晴らしいなと思っています。不定期ではありますが、私の温泉や温浴施設に対する『想い』などを語っていけたらと存じます。

日本上陸11年・トリリオン入社6年目の劉さんが結婚

今から11年前に、ご両親の反対を押し切り一人渡日した中国の女の子。
 
一人で日本人学校に通い、その後4年制の日本の大学を卒業し、
そして、6年前にトリリオンに新卒入社した。
 
その劉さんが、この5月に日本人男性と、
新宿の十二所神社(じゅうにそうじんじゃ)で見事な神式結婚式を挙げた。
 
劉さんは、日本の温泉・温浴施設が大好きで、弊社に入社し、
いずれ故郷でもそんな開発や運営に携わりたいと言っている。
 
私もそんな約束を彼女と約6年間し続けている。
 
2013年05月10日
日本上陸11年・トリリオン入社6年目の劉さんが結婚
 
日本人よりもよほど日本的な、日本女性的な内面を持つ劉さん、
本当に、おめでとうございます。
 
小刘来到日本已有11年,入职トリリオン也有五年。
 
(劉さんが日本に来て11年、トリリオンに入社して5年。)
 
トリリオン的所有成员都非常喜欢钟爱日本澡堂的小刘。
(日本のお風呂が大好きな劉さんのことをトリリオンの社員全員が大好きなのです。)
 
我想新郎官也会对这样的小刘倍加关怀倍加疼爱。
(旦那様もきっとそんな劉さんを大事にしてゆくと思います。)
 
最后,我再一次衷心的祝贺小刘新婚愉快,甜甜蜜蜜!
夫妻恩恩爱爱到永远!
(本当におめでとうございます。)
 
                            2013年5月10日
                             株式会社トリリオン
                              代表取締役 木地本朋奈
 
 
130502-1 130502-2

会社のお引っ越し

一昨日から本日3/4にかけて、会社を五反田に移転しました。
10年間大崎にいたのですが、五反田の地に舞い戻りました。  
 
トリリオンは、20年ほど前、28歳の小僧だったころ、市ヶ谷で
友人が経営する会社の一角2坪をまたがりしてスタートしました。
2年目に五反田の雑居ビルにて13坪の事務所を借り、以来五反田で
都合3か所で8年、そして大崎で少し落ち着いて10年・・・
思えば創業20期目となります。 
 
日本には約250万の会社があるそうですが、創業して5年続くのが15%、
10年続くのが6.3%、そして20年続く会社は全体の0.3%しかないそうです。
1,000社にたった3社しかないという会社であるということを誇りに思い
つつ、新しい事務所にて更なる飛躍・成長をしてゆきたいと思います。
 
 
どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。
 
                             2013年3月4日
                             株式会社トリリオン
                              代表取締役 木地本朋奈
 
<新事務所の所在地>
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-18-2 五反田KYビル6階
TEL、FAXは変わりません
どうぞ今後とも宜しくお願い申し上げます。
 
 
ohikkosi-1 ohikkosi-2

たくさんのご来場、ありがとうございました。
(全旅連青年部全国大会in美ら島沖縄)

9月27日に沖縄で開催されました『全旅連青年部全国大会』におきましては、ご多用のところ沢山のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
 
今回展示させていただきました、エネルギーの見える化システム「エネルギーナビゲーション®」に対し、貴重なご意見やご希望を頂戴出来ましたこと、非常にうれしく思い、大変感謝しております。
   
お寄せいただきました皆さまからの声を、今後のシステム開発の参考にさせていただき、皆さまの期待を裏切らぬよう、またより使いやすいシステムにしていくように一層の努力をしてまいります。
  
ご来場いただきました皆さまに重ねて御礼を申し上げます。
今後とも何卒末永くご愛顧下さいますようお願い申し上げます。
 
DSC_0173 DSC_0175

自動アカスリマシン

少し前のことだが、ある勉強会で韓国のソウルに行ってきた。
韓国の若手経営者との会合があり、今回それをアテンドしてくれた友人に、
是非見せたいものがあると言われ・・・、
ソウルのいわゆる健康ランドに行き・・・、   
自動アカスリマシンだそうだ!
取っ手の部分を手で下に押し下げると上下に動く。
  
彼から、これを日本で売れないか?、
無償設置するのでどこかの現場で試してみて、意見をいただけないか?
と言われている。
  
うーん、自分的には、自動アカスリマシンではなく、自動背中掻き器や、
シャボンつけて背中洗濯機としてだと、すごく気持ち良い感じがしたのだが・・・。
 
 
jpg5

初めての雲仙温泉は、エコだった・・・

先日、(社)日本温泉協会の総会で、長崎県の雲仙に初めて訪問しました。
 
120629-1
 
  ※日本温泉協会
  ※雲仙観光協会
   
雲仙は、日本初めて(昭和9年)の国立公園でもあり、国立公園内にホテル・旅館が
存在しています。そのため、景観や環境などに対する規制がはっきりしており、例えば、
屋根の色は赤茶色・高さ25メートル以内などとなっています。コンビニや繁華街もない
ですし、ゴテゴテとした看板もほとんどなく、自然色豊かな観光地です。
 
雲仙温泉は、酸性硫黄泉で、個人的にはとても好きな成分・色・臭いのものです。
 
   
さて、その温泉は、雲仙地獄と呼ばれる約30の噴気孔付近から各旅館に個別配管
されています。温度は約100℃あるため、温泉配管以外に給湯熱交換用の配管も
設備され、給湯用のお水を循環させて熱交換することによって、ボイラーによる昇温
エネルギーをほとんど使わずに運営するエコ経営をほとんどの旅館が実施しています。
写真の熱交換の仕組みを『燗つけ』と呼んでおり、お酒のお燗をイメージして命名した
ものだそうです。100℃の温泉と15℃の井戸水の平均値は、同量であれば57.5℃です
から、多少の熱交換ロスがあったとしても40~45℃の入浴とシャワーカランや厨房での
温水利用において、ゼロエミッション的なエコ経営ができるわけです。
 
120629-2 120629-3

革新を進めるために・・・

弊社では、本年度=第19期のスローガンを、『革新』としています。
『革新』とは、旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること、
という意味です。
 
  
革新の内容として大きくは、
 
(1).経営手法の革新
(2).営業力の革新
(3).工事会社としての革新
 
の3つです。今までのワンマン経営を改め、組織運営に革新してゆくとともに、
営業・工事ともにプロフェッショナルとしての体制を構築してゆくことにあります。
しかしながら、そろそろ第19期も半期経過するのですが、必ずしもうまくいっておらず、
人材の補強も遅延気味であるばかりか、逆に離職者が増えたり、顧客満足度が低下したり、
お客様現場でのトラブル解決に時間がかかってしまったりしています。
 

いろいろと思い悩んだ結果、自分自らの革新を率先してやらないとダメなのではと考え、
個欲のひとつを捨てることを決めました。子供だましかもしれませんが、自分自身の好
きな事を一つ捨てることくらいできなければ、社員にもお客様にも理解してもらえない
のではと・・・・。
 
   
『1日50本のケムリ』か、『10年間ただの1日も欠かしたことのないイロ水』か?
 
 
悩みに悩んだ末、『革新』を遂行する時間が沢山取れるだろう『禁酒』を3か月間実行する
ことに決め、専務以外ナイショでスタートしました。
6/12から禁酒をスタートして・・・ 一滴も飲まずに5日間・・・
 
 ・おまえ、馬鹿じゃないの? そんなの意味ないじゃん!
 ・環境事業やってるのに、禁煙に決まってるじゃん! 
 ・オツムおかしいでしょ、いまどき禁酒なんてピントズレてるねー!
 ・隠れて飲んでもわかんないじゃん、どうせもう飲んでるんだろ?
 ・禁煙はツキアイなくならんけど、禁酒はねえー、ふうん、そっかそっか・・・。
 
罵詈雑言の嵐。取引先・友人・知人・家族、ありとあらゆるところから、袋叩きに・・・!
こうして僕の禁個欲は、6/17に強制転換をされて禁煙となりました。
 
禁煙、本日5日目。   快調です!!

温泉・温浴施設で、家庭の節電行動を支援する方法

日頃ご縁のある一般社団法人スマートプロジェクトの、加藤敏春代表より、『今夏の
家庭の節電行動』を、温泉・温浴施設で支援できないかというご相談がありました。
   
スマートプロジェクトの加藤代表は、通産省(現経産省)サービス産業課長・内閣
審議官などを経て、エコポイント提唱者として政府の家電エコポイント・住宅エコ
ポイント事業をサポートした方として著名であり、新著の『スマートグリッド「プランB」
電力改革へのメッセージ』(NTT出版)が、大きな評判を呼んでいる方です。
(弊社でも15人ほどが拝読中です。)
   
さて、温泉・温浴施設が、家庭の節電行動をどう支援するかというと、今夏、電力が
逼迫する7~9月の平日の午後1時から4時までの時間帯に、一番電力使用が非効率で
ある家庭を出て、温泉・温浴施設などの集合型文化施設へ誘客することにより全体の
デマンドを下げようと言う運動です。
   
『家庭の節電行動2012』の運動は、東京都・関西広域連合などの自治体や、観光庁・
東北観光博覧会、更にNTTやガス会社・スーパーマーケットなどの民間企業などと広く
連携して、全国規模でこの運動を推進してゆくものです。
   
温泉・温浴施設側は、この運動に参加していることを、何らかの割引チケットやポイント
倍増などの提案と共にお客様に通知し、電力逼迫時の『お出かけキャンペーン』として、
誘客に繋げるものです。
(顧客の運動参加数を計測し、今後の国策提案などに繋げてゆくことも大きな目的としています。)
   
現時点で温泉・温浴施設の直接の果実は少ないものの、地域の電力不足対策に
役立っていることや、地域密着型の防災施設としての役割などを付加してゆくことで、
『なくてはならない施設』にできるのではないでしょうか?
   
お問い合わせ先
 ○株式会社トリリオン 代表取締役 木地本朋奈(t.kijimoto@trillion.jp)
 ○一般社団法人スマートプロジェクト
家庭の節電行動2012事務局担当:高野(takano@bitmedia.co.jp)

関西電力の今夏電力不足と、大飯原発再稼働問題について思うこと

関西電力では、今夏に原発不稼働で、かつ一昨年並みの猛暑であった場合、
ピーク時に14.9%の電力が不足するという。
(ピーク時3,000万kwhとして約450万kwhの不足)
コトの詳細の事実はあまりよく知らない(誰も正しく教えてくれない)ので、正しい
私見かどうか疑問であるが、思うことを書いてみようと思う。
まず、関西電力管内には企業の自家発電が既にかなり装備されており、これに対して
関西電力は、不足時の買取を通常価格(約12円/kwh)を提示していると言う。
(自社操業のためならいざ知らず、原価で損するのだから企業はわざわざ関西電力
の為に自家発をまわすわけがない!)


次に、政府は、今年の7月より再生可能エネルギー全量買取制度をスタートし、
太陽光などに対して42円/kwhで電力会社に強制買取をさせ、その分を消費者
負担に回すと言う。
(これはこれで再生可能エネルギー比率を上げてゆく意味では良いと思う。)
また、太陽光発電や地熱、風力、小水力や自家発などの創エネをポジワットと呼び、
補助政策や上記の全量買取制度を実施していく一方、自助努力による節電省電を
ネガワットと呼び、ポジワット同様に節電実績に対する割引やインセンティブ・
節電エコポイントなどを配布してゆくことも議論されているし、実際にいくつかの
現場ではこの様な制度がスタートしている。
では、時限立法で、今年の夏に限り、関西電力管内について、企業からの自家発電
(ポジワット)も、消費者の節電省電(ネガワット)も同様の扱いとして、
例えば42円/kwhにして買い取ったらどうか?
推測の域を出ないが、恐らくピーク時の14.9%くらいの効果が出るのではないか
と思ってしまう。
仮に、42円/kwhの買取として、電力不足が今夏200時間(4時間/日×50日)あり、
平均不足率70%くらいとし、通常製造原価平均12円/kwhで、計算すると・・・


450万kwh×70%×(42-12円/kwh)×200時間=約190億円となる。


原発を動かすのに総費用でいくらかかるのかがわからないが・・・、
この分を、再度消費者負担と考えて、関電管内の人口3,000万人
(実際には企業分とかあるだろうが・・・)で割ると、一人当600円程度(2か月)となる。
たったこれだけで、不安の残る原子力を回さずに済むのであれば、利益関係者と
生活受益者以外の多くは賛成するような気がしてならない。


このことに関する客観的事実を知っている人は、教えてほしいと思うし、
もしこの仮説が正しいなら、誰かリーダーシップを発揮してほしいと思う。

業務IT化一考

昨日、親交のあるダンクソフト社(Microsoft Partners パートナーズオブ ザ イヤー2007
受賞)のセミナーで、品川のマイクロソフト本社へ伺ってきました。
 
 
マイクロソフト社やそのパートナー企業であるダンクソフト社では、ペーパーレス・キャッシ
ュレス・フリーアドレス(働く社員の座席が固定ではなくどこに座っても良く、どこで仕事を
していてもweb環境やモニターなど、あらゆる業務機器が整備されている) が実現されて
おり、社員の働きやすさと、業務の生産性の高さが見て取れました。
 
特に印象的であったのは、 機能性や快適性など、人の五感を通じ創造性を高めるための
配慮が随所に見られたことです。。(残念ながら写真撮影禁止)
 
office_sgt1
 
弊社で、そこまで整備するのは、今はまだ無理であるが、お客様のあらゆる情報と、社内
資源(ヒト・モノ・カネ)が、全部ITで繋がっている・・・という視点で、“革新”を進めて
ゆこうと考えており、そのために、Office365、Microsoft Dynamics CRM3.0 など
ITツールを取り入れてゆく必要を強く感じています。
 
電気の発明→産業革命という科学技術の進歩によって人類は発展してきたが、
(ここではそれによる人口爆発などの弊害についてはさておき・・)、
現在のIT技術の目覚ましい進歩によって仕事の生産性が向上することは明らかであり、
また人々のライフスタイルも刻々と変化してきています。
 
事業活動を営むものとして、それについてゆけない(ゆかない)ことは、時代遅れの看板を
さげて事業をしているようなものだと痛感しています。
 
*******************************************************************
弊社では、エネルギーナビゲーション®システム※を、全国約100か所で実施させて
いただいておりますが、肝心の弊社社内の見える化や管理会計が立ち遅れており、
クラウド化や管理会計の仕組みを早急に見直そうとしています。
 

注記※:エネルギーナビゲーション®システム
 
  =温泉・温浴施設の見える化システム=館内数十箇所にデジタル計測器を
   設け、インターネットを活用して湯水・燃料・電気の量やコストを30分単位で
   計測・分析を実施し、毎月の現場会議体にて管理会計をサポートするサービス
 
*******************************************************************

東京都地域中小企業応援ファンドに採択されました!

東京都が中小企業振興公社を通じて公募をしている東京都地域中小企業応援ファンドに、
弊社の提案が採択されました。
※ここのNO9に記載されております。

応募数114件で採択32件ですので、それなりの評価をいただいたのだと嬉しく思っております。

 
本件は、弊社が開発した温泉旅館・温浴施設向けの
エネルギーナビゲーション®システム(現在全国で約100件導入済)


  =施設内の上下水・燃料・電気や機器の 稼働状況をインターネットを
通じて多面的・継続的に計測・分析・警報発信を 行うシステム


の更なる簡便性向上を目指し、自律的に計画節電・計画節湯・
計画節熱の制御を行う新しい仕組みと、膨大なデータを解析したり標準化するシステム開発を
目的としたものです。

今期、弊社では『革新』をスローガンに、新しい挑戦や今までと違った取組を始めています。
温泉・温浴施設の経営サポートに広く役に立てればと考えています。