温泉・温浴施設の繁盛ソリューションパートナー
株式会社トリリオン

お電話でのお問い合わせは03-5434-7741
  • リクルート
  • 提携先募集
  • お問い合わせ

お知らせnews

船舶廃油の再生利用プロジェクト

船舶運航に使用した後に残る廃油は、現在、船上で燃焼処理するか産業廃棄物として
処理されています。燃焼処理するということは利用されずに地球温暖化させているという
ことですし、産廃処理も中国あたりでは処理せずに汚染されたままの廃油状態で工場で
そのまま使用されて、その結果PM2.5の原因の一つになっているともいわれています。
    
これを、A重油に再生して、温泉旅館・温浴施設に廉価利用していただくプロジェクトを
スタートしました。
(規模の大小によりますが)大きな温泉旅館では年間1,000,000ℓ程度、日帰温泉施設や
大型のスーパー銭湯では年間300,000~500,000ℓ程度の油が使用されています。
施設のコストダウンに繋げるとともに、(船上燃焼や産廃処理で)捨てている油を再生利用
するわけですから、現在普通の油を購入している分のCO2が丸々減ることとなり、温暖化
防止に寄与してゆくプロジェクトと言えるわけです。
製造プラントが稼働可能となりましたので、役所関係との打合を進めるとともに、環境省など
への政策提言へもつなげてゆきたいと考えております。
IMG_3466  IMG_3459

綱島源泉湯けむりの庄(&PRIME)がいよいよオープン

宮前平湯けむりの庄、仙川湯けむりの里、すすきの湯けむりの里などを運営
するセントラル都市開発さんが、4施設目として綱島源泉 湯けむりの庄を
完成され、完成セレモニーにお招きいただきました。
(セントラル都市開発さんのすべての施設には弊社のエネルギーナビゲーションⓇ
システムが導入されております。)
今回は、湯けむりの庄ブランドに加えて高級スポーツクラブ「PRIME」を併設
する新しい取り組みです。
   
私がめちゃめちゃ気に入ったのは、炭酸泉とナトリウム炭酸水素泉のコラボです。
恐らく炭酸水素の反応と思われますが、体の周辺すべてに1cmくらいの羽衣を
まとった様な心地よい入浴感なのです。
肌感は、アルカリ泉でないのに嬉野温泉や武雄温泉の様な圧倒的なつるつる感・
ぬめぬめ感があり、そして抜群の発汗なのです。
  
デトックス(発汗毒素排出)入浴がお好きな方は、ぜひご入浴いただければと
存じます。
 

 
綱島温泉湯けむりの庄01 綱島温泉湯けむりの庄02

☆お花見☆

今年もお花見の時期となりました♪
 
近年、「目黒川の桜」が有名になりましたが、当社のオフィスも目黒川に
近いこともあり、TCC(社内委員会)主催のもと、桜を見下ろせる
ビアホールで夜桜を眺めながらみんなで楽しいひと時を過ごしました。
 
花見以外に〇△見などもあり、笑い声と笑顔の溢れるお花見となり、
より社員の団結を深めることが出来ました!
 
DSC_0378 お花見02

NPO法人「健康と温泉フォーラム」で講演

3月31日、NPO法人「健康と温泉フォーラム」の第61回月例研究会で、
プレゼンをさせていただきました。
 
主旨は、温泉・温浴×健康サービス×地域活性化を起動する役割のビジネス
プランを、ベンチャー経営者たちが自由にプレゼンをするというもので、
私は、『首都圏の温泉・温浴施設をプラットフォームとした、健康-医療の
看做しオフセット制度のフィージビリティ提案』という題名で、温泉・温浴
施設に於いて入浴・運動・食事・リラクセーションのプログラムを継続的に
計測→計画→実行→計測→改善計画が回る仕組を実施し、排出権取引(カーボン
オフセット)の様に、看做し削減医療費と改善活動費用をオフセットする提案を
しました。
 
NPO法人「健康と温泉フォーラム」で講演 
  
実現のための登場人物も多く、実働には多面的な融合や相当な馬力が必要と
思われる為、一朝一夕には進まないと思いますが、現状シュリンクしている
日帰温泉・温浴施設のマーケットに吹き込む新しいビジネスモデルとして、
また高齢化社会に於ける明るく楽しいモデルが必要であるのは間違いない
ことだと思っています。もう少し学習・研鑽を行い、進化させてゆければと
考えています。
 
NPO法人「健康と温泉フォーラム」で講演

新しい仲間が加わりました。

大阪営業所開設から7ヵ月、今月から新しい仲間が加わりました!
入社後1週間、本社にて様々な研修を受講し、明日からいよいよ
大阪営業所勤務となります。


『廣津篤志(ひろつあつし)と申します。
本社研修では毎日が新しく学ぶことばかりで、とても勉強になりました。
あっという間の1週間でしたが、これから更に勉強し経験を積んで、
お客様のお役に立てるよう頑張るつもりです。』
DSC_0330
※写真は、エネルギーナビゲーション研修中の風景です。

たくさんのご来場ありがとうございました。(国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN))

●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
2月16~19日に東京ビッグサイトにて開催されました「HOTERES JAPAN」では、
ご多用の折にもかかわらずたくさんのお客様に弊社ブースへお立寄りいただき、
誠にありがとうございました。
DSC_0438


また、弊社代表の木地本によるセミナーにおきましても、たくさんのお客様に
ご参加いただきましたこと、展示させていただいた『ナノクラ』に対し、
たくさんの貴重なご意見、ご要望をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

お寄せいただきました皆様からの声を今後の商品開発の参考にさせていただき、
皆様のご期待に沿えるよう社員一同より一層努力してまいります。
Exif_JPEG_PICTURE



ご来場頂きました皆様に重ねて御礼申し上げます。
何卒末永くご愛顧下さいますようお願い申し上げます。

『国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)』に出展します

弊社は2月16日から開催されます『国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)』
に出展いたします。

展示ブースでは、温浴施設向けニューアイテムの『ナノクラ』を展示紹介しております。
※ナノクラは、50nm~10μmのお湯の粒子を発生させ、入浴者を包み込む入浴方法です。
美肌や発汗・リラクゼーション効果が期待できる『ナノクラ』を体験しに、是非、弊社の
ブースへお越しください。
温泉・温浴施設を運営されている皆様の省エネルギー・安全衛生・設備保全などに関する
お悩みや問題点のご相談も承っております。

また、弊社代表の木地本によるセミナー「温浴施設のタイプ別適正水道光熱費分析講座」
もございますので、皆様お誘い合わせのうえご来場ください。

スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
 
 【開催概要】
   名 称 : 国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)
   会 期 : 2月16日(火)~19日(金) 10:00~17:00(最終日は16:30まで)
   会 場 : 東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東展示棟5ホール
   ブース : 5-D01
   入場料 :招待券・WEB事前登録用紙ご持参者は無料です
   ※ご連絡いただけましたら、招待券をお送りさせていただきます。
    お気軽に弊社(03-5434-7741)までお申し付けください。
   ※事前登録はこちら(登録ページ
 
 【セミナー】
   テーマ:「温浴施設のタイプ別適正水道光熱費分析講座」
   日 時:2月16日(火)15:00~15:25
   会 場:ONSEN&SAUNAセミナー会場(東5ホール)
   講演者:弊社代表取締役 木地本 朋奈
   
招待券をご希望のお客様はお気軽に弊社(03-5434-7741)までお申し付けください。

2016年明けましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年も一族郎党10名+ラブラドール2頭で、南伊豆:下賀茂温泉付近の貸別荘で、
年末年始をすごしました。

image2

今年の初日の出は、1/11(祝)に、ビーバーレコード(水春)さんが協賛されている
ひらかたハーフマラソンに参加するため、マラソンをしながら見ることにして、
下田の少し奥にある弓ヶ浜あたりを走りながら撮影しました。

image3 image1
約10㎞、初日の出をあびながら、本年の温泉・温浴業界の繁盛をお祈りしました。

『照葉スパリゾート』へ

久しぶりに福岡への出張があったため、先日オープンされた九州最大とも思われる
照葉スパリゾートへ行ってきました。     

image1 

ここは、弊社のエネルギーナビゲーション®システムを数館でご活用いただいている
株式会社ナカシロさんの経営で、巨大な岩盤房(STONE SPA)が魅力の新しいスパ施設
ですが、平日の昼間というのに2~3百人くらい在館している感じでした。
僕自身は、三島溶岩を使い少し蒸気を入れていると思われる灼熱洞の圧倒的な発汗と、
お風呂ゾーンでは極小の泡がとても気持ち良い美泡風呂がたまらなく心地よかったです。

image2

さらなるご繁盛を心よりお祈り申し上げます。

リーダーを創る

takahashi トリリオンでは、毎年、体験型リーダー育成研修に
 1~2名で参加をしています。

 1年間の育成プログラムで、企業視察研修や実践体験
 研修など様々な体験を通して学習するもので、
 最終回には、共に学んだ研修仲間と自社の社長を含めた
 複数の経営者を前にして、自作のプレゼンテーション
 資料をもとに発表を行います。

 写真は、1年間のプログラムを終了し、「特別賞」を
 頂いた笑顔の高橋 真太郎さんです。